止めることができない地獄のマシンガン悪口トーク~桜BARお酒の席のお話~

お酒の場での失言

以前勤めていた会社にかなり年上だけど後輩という少し複雑な間柄だけど、年下の私にも気さくに接してくれ、仲良くしている方がいました。

当時同じ部署のリーダーの人が、感じが悪いわけではないけど独裁主義っぽい上、人をいらつかせる天才のような人がおり、二人ともその人があまり好きではなく、少し愚痴でも言って憂さ晴らししましょうかという流れになりました。

蓋を開けてみるとその人はリーダーのことが苦手どころか相当嫌いで鬱憤が溜まっていたらしく、最初は仕事上の愚痴を普通の声量で言っていたのですが、お酒が進んだからか段々ヒートアップしてきて愚痴どころか「不妊治療をしていてお金がなくてイライラしているのか知らないけど!」というような常識的に絶対言ってはいけないような悪口までとても大きな声で言うようになり、「太い足でスカートを履くな!」などとても大人とは思えない小学生のような悪口を大きな声で連発し続け、その豹変ぶりに本当にドン引きしてしまいました。

しかも、あまりにも大きな声だったので隣に座っているサラリーマンには舌打ちをされ、挙句小声で「うるせえな」とまで言われるし、周囲の人にもジロジロと見られ本当に居た堪れなかったです。

愚痴でも言いましょうという流れになった手前止めることもできず、年上の方に「流石にそれは言っちゃいけないです」なんてことを言えるはずもなく、ただただその人の鬱憤が晴れてくれることを待つしかなく本当に地獄のような時間を過ごしました。

お酒は控えめに!記憶を失うまで飲んではいけない~桜BARお酒の席のお話~

職場の飲み会で暴露された

職場の先輩たちと仕事後に一緒に飲みにいきました。

自分は下戸なので全くお酒を飲みません。

最初は楽しい雰囲気だった飲み会も、先輩たちが酔っ払ってくるにつれて愚痴や説教が増えてきて、嫌な雰囲気になっていきました。

理不尽な内容で説教をされたり構われたりしましたが、その程度だったら我慢できました。

しかし、内緒にして欲しいとお願いした自分の病気について他の社員の前で暴露されてしまい、それがとても辛かったです。

飲みすぎで先輩が途中から寝始めてしまったので、私は酔いつぶれた先輩を支えて駅まで向かいました。

帰宅したあとで「なんでこんなことをしなくちゃいけないのか」と思いながら眠りました。

次の日になったら、病気を暴露したことや介抱されたことを完全に忘れられていました。

もともと私は下戸なこともあり、お酒に対して良いイメージを持っていませんでしたが、一連の事件によってお酒が嫌いになりました。どうせ忘れられてしまうなら介抱しなければ良かったと後悔しました。

離婚後の職場の忘年会で、まさかのワンナイト突入~桜BARお酒の席のお話~

ワンナイト

その年は別れることになる妻が雇った弁護士からの離婚請求から始まりました。

その年の11月まで計6回の離婚調停を経て、逃げるように職場近くのアパートに引っ越して、1か月経ったか経たないかのうちに職場の忘年会がありました。

給料も安く、また離婚時に婚姻費用を支払い、引っ越しに必要な物の買い物など、お金をバァーと使ったため、「これからどうなるのか?」と考えると暗くなり、「結婚生活が続いていたら、もっと酷かったじゃないか」と考えれば明るくなりの繰り返しでした。

そこで忘年会の席で事務のバツイチ女子となぜか?意気投合しました。

忘年会の席では、彼女は私が離婚したことを知らなかったのですが、帰る際に「あれ?そっちの方角じゃないよね?どうやって帰るの?」と聞かれ、独身になったことを打ち明けました。

そういうことならということで、2人でもう少し飲もうと彼女が提案。

2人で閉店まで飲み、私が帰ろうとすると彼女ははっきり言わず、体をこすりつけてきました。

その先は一人暮らしの私のアパートに2人で帰り、朝まで過ごしました。

彼女には彼氏もいるので、ワンナイトになりましたが、希望もない夢も消えかけた私に小さな炎が灯してくれた気分になりました。

上司からの質問に味がしない食事と貯金額を言う恐怖の忘年会~桜BARお酒の席のお話~

上司の質問に恐怖

忘年会で印象に残った出来事は、数年前に忘年会が「上司に貯金額を教える会」になってしまったことです。

はじめは和やかに始まったのですが、誰も逆らえない上司が急遽各テーブルを回り出し、「超金額を教えなさいよ」と聞きまくっていました。

私は入りたてだったので聞かれませんでしたが、勤続が長い人はあまりのしつこさにしぶしぶ答えており、貯金額が少ない人には「なぜそんなに少ないのか、何に使っているのか」と突っ込まれていました。

テーブルの人は顔が青くなり小さな声で「〇〇くらいです」と答えていてかわいそうでしたが、「えっ!あなた〇〇円しかないの!?」と大きな声で言って会場みんなに知られてしまうという悪夢が繰り広げられました。

そんな光景を見て恐ろしいところに入社してしまったと当時は後悔したものです。

貯金額が少ない人にその理由を聞き、車やバイクにつぎ込んでいる人や、博打に使っている人など見た目では知りえないことが次々と明らかになり怖かったです。

あの忘年会での食事は何も味がしませんでした。

新人が忘年会で先輩方を泣かしてしまった苦い思い出~桜BARお酒の席のお話~

忘年会

アパレル会社に入社して1年目です。

女性がたくさんいる職場で、エリアで大集合する忘年会はとても華やかな雰囲気でした。

私自身は学生時代から割と冷めた性格で、友達は多い方ですが女性の群れがあまり好きな方ではありませんでした。

ただ、そういう職場なので嫌味な女性特有のネチネチとしたやりとりを見る機会もたくさんあったのですが、その度に「うざいなー」とは思いつつスルーして、自分を保っていました。

そして忘年会の日。

二次会へと移行し、各店舗の店長達だけ別で飲み直すことになったのですが、なぜかそのうちの何人かが私のことを光栄にも気に入ってくださっていて、新人の私もなぜかその中で飲むことになりました。

酒の席で聞こえてくる話は、スタッフの愚痴ばかり。

それはあっても仕方ないと思いながら、我慢して飲み続けていました。

しかし、スタッフのことを思っている風に喋りながら自分のことしか考えていない店長達にイライラしながら、我慢して飲み続け、飲み続け新人が先輩方に暴言を吐いてしましました。

「ええかっこしたいだけじゃないですか」「ただ信頼されてないだけじゃないですか」「そんなんで育つわけないじゃないですか」「ダサい」などなど泣いた人もいて、しまいにはその人に「うざい、泣くなよ」と何人かはその後すごく仲良くなって、残りの方には幸いにもいじめられたりもなかったのですが、完全に怯えられてしまう職場となりました。

お酒に強いフリをする男性を襲った酒豪女の魔の手~桜BARお酒の席のお話~

酒豪

忘年会でやたらお酒に強いフリをする男性っているのですが、会社の忘年会でやたら酒豪自慢する男性がいました。

日本酒が特に好きといい、乾杯から日本酒を頼み、チャイサーがわりにビールを頼んでいました。

以前私もその人とみんなで飲みに行った時にやたらお酒を勧めらて、勧められるまま飲んでいたのですが、帰りに彼はベロベロになってしまっていたのでそんな強くないことはわかっていました。

忘年会の日も女性社員の横を陣取り酒豪自慢を繰り広げていたのですが、彼の前に座っていたのは、私の友人の超酒豪の女性社員がいました。

見た目が可愛らしいので、彼女が飲めることは周りは全く知りませんでした。

しかもその友人は顔に似合わず男をいじり倒すのがすごく好きな悪魔な女子だったのです。

そんなことを全くしらない酒豪男子社員、忘年会中盤にはもう出来上がっていて、終盤になってお開きムードになった時に男性社員がトイレに行く際、豪快に壁に吐いていました。

本当に見事に噴水のように吐いていたので、周りは悲鳴に包まれていました。

そんな中友人を見ると、手を叩いて笑っているのを私はみてしまいました。

帰りに彼女に確認したところ、いじり倒して、飲ませまくったようで、嬉しそうに教えてくれました。

厳しいと思っていた上司のイメージがガラリと変わった~桜BARお酒の席のお話~

厳しい上司

私が印刷会社に勤務していた時、とても厳しい上司がいました。

新人だった私はいつも怒られていて、泣いてしまった時もあったんです。

飲み会にも参加しない人だったので、忘年会なんて参加するはずないって思っていました。

ですが、その年の忘年会に上司は参加したんです。

私は、なんとも気が重かったです。

もしかして、酔っぱらって説教でもされるんじゃないかって、勝手に想像していたんです。

ところが、酔っぱらった上司はとても朗らかで、日頃の厳しさが嘘のようでした。

私のこともすごく誉めてくれて、そのあまりの変わりように驚きました。

「いつも頑張ってるなぁ。俺は、ちゃんと見てるからなぁ」 まるで、青春ドラマのワンシーンのように上司は泣き出しました。

いつも、そういう風に優しくしてくれればいいのにと思いながら、私は嬉しくなりました。

私の頑張りを、ちゃんと見ててくれていたんだということが、よくわかりました。

それから、上司に厳しく言われてもめげなくなりました。

忘年会での幹事は思っている以上にやることが多い~桜BARお酒の席のお話~

大変な幹事

3年前、会社で忘年会をすることが毎年の恒例で、1年ごとに幹事が変わる流れで私に回ってきました。

正直、面倒な仕事が回ってきたなと思いました。

でもやるしかないということでまずはリスト作成をからとりかかり、出欠の確認。

忘年会シーズンなので、店の予約も大変だった記憶があります。

今まで利用した店でもいいのですが、違う店が良いかということで、予算内での店で何件か問い合わせをして、実際にお店に足を運び店員さんとコースや金額の打ち合わせをしました。

ここまででも中々時間がかかりました。

それから決まった場所と時間の案内の資料を作り、社員の皆さまへ案内。

当日の流れをイメージしながらいざ当日を迎えました。

私自身はそもそもお酒が飲めず口下手なほうで、当日の幹事に不安がありましたが、実際お酒が入ると皆さんで盛り上がってくれるので、思っていた以上に当日は楽しめました。

最近は飲まない人も増えてきている印象です。

ただ準備などを考えると、もう幹事はいいかなという感じです。

新年会でいつもはクールで厳しい課長が突然号泣~桜BARお酒の席のお話~

冷静な課長が泣く

僕が新年会の中で一番印象に残っているエピソードは、いつも冷静で厳しい課長が急に泣き出したことです。

それは僕が新入社員としての初めての新年会だったのですが、始まってから二時間くらいしてから課長が泣きました。

最初は課長はお酒が入ると泣く人で、周りの人たちはみんなこの光景に慣れているのかなと思いきや、他の社員さんや上司もみんな驚いた表情をしています。

支店長が思わず課長に声をかけると、「俺たちの会社がここまで復活したのがうれしいんですよぉ!」とさけんでまた泣き出しました。

実は僕の入った会社はかつて倒産しそうになった危機があって、課長はその危機を乗り越えるためのプロジェクトにおいてかなり重要な役割を担っていたということを後から知りました。

支店長も「そうだね、あのときは大変だったよね……」としみじみしているような、課長に引いているような微妙な感じの反応をしていました。

今でも新年会の旅に思い出す印象的なエピソードです。

新人の私がドン引きするほどのケチだった上司~桜BARお酒の席のお話~

ケチな上司

私が10年以上前に働いてたころの話です。

私の職場は少人数の職場だったのでその分みんな仲が良く、楽しく働けていました。

あるとき、12月の終わりごろに忘年会をしようと上司が言ってきてくれました。

居酒屋を予約してくれたのですが、都心部にあるおしゃれな居酒屋で値段もまあまあするところでした。

居酒屋について早速注文して飲食しながらプライベートな話をしていたのですが、普段は仕事の話しかしないため他の従業員のプライベートな話は新鮮で面白かったです。

しかし、上司だけはエピソードがいまいちで盛り上がらず嫌な予感がしました。

私はお手洗いに行くふりをして、トイレで自分の財布のお札を下着の中に入れて戻りました。

その後忘年会がお開きになり、お会計のタイミングになったのですが、上司が「お金ある?一人2000円欲しいんだけど」と言ってきました。

まだ当時私は20歳で、上司は私よりも一回り以上年上でした。

そんな20歳そこそこの部下から2000円を徴収するのか、と愕然としました。

私はすかさず「今日お札持ってきてないんです」と言ったら、上司が私の財布をマジマジと見ながら「本当だ、チッ。しょうがないな、じゃあ払うよ」と言って渋々払ってくれました。

仕事関係の上司なのに部下に奢りたくない人もいるんだと参考になりました。