人生初のモテ期到来!?勘違いでも心地よかったバーベキューの夜 ~桜BARお酒の席のお話~

BBQ

10年以上前の話になりますが、オーストラリアに短期留学していた時の話です。

当時自分のことを誰も知らない環境に行って英語を勉強したい!と意気込んで単身オーストラリアに短期留学に行きました。

なるべく現地の方と交流して英語をガンガン勉強するぞ!と意気込んでいたものの、 周りは同い年くらいの日本人ばかりで、ついついつるんでしまって学校が終わった後や週末は毎日のように日本人と遊んでいました。

出身地も大学もばらばらの人たちが集まるですが、日本人という共通項があるためかすぐに仲良くなることができたし、日本にいたら絶対仲良くなってなかっただろうなといういろんなジャンルの人と友達になることができました。

男女10名ずつくらいで学校の同期の卒業パーティーみたいな感じのバーベキューパーティーがあったのですが、若さゆえかノリなのか、この中で付き合うなら誰がいいか?誰が一番モテるか? みたいな話題がどこからともなく上がって盛り上がっていました。

普通ならそこで終わるところですがお酒のせいもあったのか、じゃあ実際にアンケートを取ろうということになりました。

僕が当時通っていた日本の学校は比較的まじめな子が多かったので、このようなザ・男子!みたいな飲み会はあまりなく、 面白いなぁなんて思いながら参加しました。

ルールは簡単で、男子は全員目をつぶって一列に並び手を前に出します。

そこで女子は自分がいいなと思う男子の手を触れていくというルールです。

男子側は、誰かに手を触れられれば少なくとも一人は自分のことをいいと思っている女子がいるということになります。

参加してるのは、ちょっとやんちゃな感じの男子もいれば東京の大学から来たインテリ系の男の子もいれば、自称歌手をやっているというファンキーな男子もいました。

僕はというとそんなに目立つ方でもないし、強いていうなれば優しいのと人当りがいいだけっていう認識だったので、せめて一人でも手を握ってくれれればラッキーくらいの気持ちで参加しました。

そして一列に整列する男子たち・・・ 「それじゃあ、女子は順番に気に入った男子の手に触れて~!」という合図のもとに審査(?)が始まりました。

ちょん・・・と誰か僕の手に触れました。

一人分くらいの間をおいてまた誰かが僕の手を触れました。 あれ?これ意外といけるんじゃね?なんて思ってるとそこから連続で僕の指に触れる感覚が・・・ちょん、ちょん、ちょん・・・・おおー!!これはもしかして・・・! 気が付くと10人中8人くらいが僕に触れていました。

「ハイ終わり~」という誰かの掛け声のもと男子たちは顔を上げます。

「誰が触れられた!?」、「俺なんて一回も触れられてないよ!」、「俺も俺も!」てな感じで盛り上がってる男子たちの横で、一人にやにやしてる僕・・・ 最終的に何人から触れられたかは、ほかの男子には公表しませんでしたが、生まれて初めてモテ期が来たと思えた飲み会でした。

ちなみにその後はいうとその女子たちの中の誰とも何もなく、帰国しました。

社内での上司、同期からの評価で嬉しかった事 ~桜BARお酒の席のお話~

上司からの評価

私は普段営業職で一番の下っ端の為、普段から多くの雑用業務を任される事があります。

数字を取らなければ怒られる事や、給料面に影響をしますが、文句を言わずむしろ周りに細心の注意を払いながら日々雑務をこなしておりました。

基本みんなが嫌がる事を文句も言わず仕事だからと割り切りむしろより完璧にこなす事で仕事を楽しむようにしてました。

そんな様に働いているある時忘年会で上司や同期が居る席に呼ばれお酒を飲む事がありました。

普段は褒められることもなくただ雑務を押し付けてきたり、特に評価をされる事が無かった上司から私が居る事で会社に居るみんなが働きやすくなり他の営業の仲間、チームが数字を取れているのだと褒めてくれました。

ただ、それだけではなく、実際に同期からも私のおかげでスムーズに事が進み契約も取れたなどの話をされ、今までしてきた事が嫌なだけでは無かったと思い嬉しかったです。

それだけでなく、決算の際に役員賞で選ばれ結果給与面等も良くなりました。

今までの行った事全てが良く褒められとても嬉しかったです。

社内での上司、同期からの評価で嬉しかった事 ~桜BARお酒の席のお話~

正当な評価

私は普段営業職で一番の下っ端の為、普段から多くの雑用業務を任される事があります。

数字を取らなければ怒られる事や、給料面に影響をしますが、文句を言わずむしろ周りに細心の注意を払いながら日々雑務をこなしておりました。

基本みんなが嫌がる事を文句も言わず仕事だからと割り切り、むしろより完璧にこなす事で仕事を楽しむようにしてました。

そんな様に働いているある時忘年会で上司や同期が居る席に呼ばれお酒を飲む事がありました。

普段は褒められることもなくただ雑務を押し付けてきたり、特に評価をされる事が無かった上司から私が居る事で会社に居るみんなが働きやすくなり他の営業の仲間、チームが数字を取れているのだと褒めてくれました。

ただ、それだけではなく、実際に同期からも私のおかげでスムーズに事が進み契約も取れたなどの話をされ、今までしてきた事が嫌なだけでは無かったと思い嬉しかったです。

それだけでなく、決算の際に役員賞で選ばれ結果給与面等も良くなりました。

今までの行った事全てが良く褒められとても嬉しかったです。

若い頃に仕入れ先の技術課長に飲食の席で褒めてもらったこと ~桜BARお酒の席のお話~

技術課長に褒められた

私はある電子デバイスメーカーの技術者・技術管理職を長く勤めて来ました。

電子デバイスメーカーではありますが、複合部品等の生産販売もしていた関係から、より材料系に近い電子部品メーカーから仕入れもしていました。

仕入れる部品を選定するのは、多くのメーカー品を比較検討し、購買部門と共に技術部門が行います。

そのために、メーカーの工場に足を運び、技術者から製品の説明を受けたり、工場見学する事もしばしばあります。

ちょうど私が技術課長として管理職になったすぐに、ある部品メーカーを訪れました。

その会社は遠方の為、日帰りでは無理なために、一泊二日の出張で訪れました。

この時、夕食時を同行した営業所の方と、その会社の2つの事業部の技術部門のベテラン課長と飲食しました。

その際に、先方のベテランの技術課長から、私が研究熱心・仕事熱心である事にお褒めの言葉を頂いたのです。

私は先方にとってはお客様ですが、2人の課長さんは、お客様としてではなく、若い技術者としてかつてより接して下さっていた方です。

その会社を背負うと評判の高い2人の先輩技術者から、始めて褒めて頂い事が、その後の会社生活でも長く励みとなりました。

18きっぷでの旅行中の見知らぬ人達との思い出 ~桜BARお酒の席のお話~

オーストラリア

私は青森県出身の25歳で現在愛知県に住んでいます。

青森県は求人数、最低時給共に全国ワーストクラスと雇用状況があまり良く無いため、数年前から移住先を探していました。

そこで、全国各地を巡るため、旅費を安く済ませる為に青春18きっぷを利用して旅をしました。

私自身人見知りではないし、お酒も好きで、知らない店に入る事も全く抵抗がなかったので、自然と様々な人達と接する機会がありました。

その中でも特に印象に残っている土地は福岡と鹿児島です。

福岡に行った際には博多にてせっかくなのでその土地の文化を満喫しようと思い、屋台でお酒を飲んだのですが、 私と同年代の青年が考える将来設計について、ベトナム人観光客が日本で体験した奇妙な話、在日オーストラリア人のビジネスの話等、普段あまり接することが無い人達の話をたくさん聞けたのでとても楽しかったです。

鹿児島にある本州最南端の駅、枕崎では、記念に降りたのは良かったが、電車の本数もないし周囲にも何もないで暇だったのですが、 それを見かねた地元の鳶職の方達のお誘いを受け、地酒で酒盛りをして楽しく過ごせたのが印象に残っています。

私の好きな人が実は私の事が好きだった事が判明 ~桜BARお酒の席のお話~

好きな人

会社で一緒に仕事をしている男の人を好きになったのですが、仕事中はとてもクールでとても私に対してなんとも思っていない感じでした。

というか、誰に対してもちょっと冷たい対応だったので脈はないと思っていました。

会社の飲み会の時にその人も出席すると聞いたので、この機会に趣味とかいろいろ聞こうとワクワクしていました。

なぜかというと、仕事の時は全然プライベートな事を話す雰囲気ではなくいろいろが謎だったのです。

飲み会の時は、定番のくじ引きになりその人の隣りになることを祈っていいたのですが叶わず、でも、友達が隣をゲットしたのでイイ感じに酔ってきた時に友達に話しかけるフリをしながら好きな人にも話しかけるみたいにしました。

会社ではとても冷たい雰囲気なのに、お酒に弱いらしく始終笑顔で話してくれました。

そこで、友達がいないスキに好きな人はいるのか聞いてみました。

そしたら、いるって返事が返ってきて途端に落ち込みましたが、誰が好きなのか聞きたい気持ちがわいてきて誰が好きなのか聞いてみました。

その時恥ずかしそうに私を指さしてくれたのです。

イッキにテンションが上がり幸せでニヤニヤが止まりませんでした。

これが私のお酒の席で嬉しかったことです。

30年振りの再開に好き好き光線全開のいたいオバサン ~桜BARお酒の席のお話~

高校時代の同窓会

昨年夏に、高校時代の同窓会がありました。

主人が転勤族なため、地元を離れて転々とし、高校時代の友達とは疎遠になっていました。

久々に会った友達と一頻り盛り上がったあと、何人か当時の先生方がいらっしゃっていて、花束贈呈などをしました。

私はそのとき、ある人を探していました。

当時大好きだった男子です。

見つけた時は一目でわかりました。

ぜんぜん変わっていなくて、相変わらずみんなの人気者。

違うクラスの人には全く覚えられていなかった自分と違って、彼の周りには人だかりでした。

彼と私は同じ部活でした。

私が思いを寄せていたことなど知るよしもなかったでしょうね。

なんとか話したいと思っているうちに、花束贈呈の時間になったわけです。

ラッキーなことに私のクラスの担任の先生がいらっしゃっていて、私が花束を渡すことになっていました。

私の名前が呼ばれた瞬間、彼が気づいてくれたのがとても嬉しかったです。

そのあと一緒に話をしながら乾杯し、昔話に花が咲きました。

実は彼と話す前に、ビールやハイボールをかなりのんでいて、よけい饒舌になっていた私です。

その後の二次会では、カウンターで1人ワインを飲もうとしていた私の隣にやってきて、あわや手を握られそうになりましたが、私の手には結婚指輪が…。

でも、一緒にワイングラスで乾杯し、目からは好き好き光線をたくさん出してしまったわたしです。

もちろんその後は何もありません。

でも、冥土の土産になりました。

酔ってもマナーは忘れない、女性としてずっと守っていきたい事 ~桜BARお酒の席のお話~

忘年会

20代後半、OLとしてバリバリ働いていた当時の私は、積極的に会社の飲み会に参加していました。


お酒はなんでもいける口で、酔ってもやっかいな酒癖はなく、顔にも出ず、せいぜい喋り上戸になるくらいだったので、盛り上げ役として誘われる事も多かったと記憶しています。


職場は男性率が圧倒的に高く、それゆえ、女性社員の参加は常に必要とされていました。


そう言った状況を苦手と感じる女性多かった中で、私は仕事の一環として、割り切りながら盛り上げ役を買ってでましたが、内心は女性として傷付く言葉も受けました。


そんなある年の忘年会の席で、普段ほとんど話す機会もない社長が偶然私の隣に座り、掛けてくれた言葉が、「食べ方がとても上品で美しい。食事のマナーがしっかり備わっているんだね。」でした。


食事のマナーは幼少期から両親にをしっかり教えられてきたので、その一言が心に刺さりました。


私自身も意識していなかった振る舞いををさりげなく見てくれている人がいるんだな、と感動しました。


酔いが回っていた、どんちゃん騒ぎの忘年会での嬉しい思い出です。

田中課長、もう一度お会いしてお話したいな ~桜BARお酒の席のお話~

嬉しかったお酒

更衣室でのおしゃべりがなんとなく苦手で、いつも他の人より早めに出社していた私。

仕事が好きとか、やる気一杯というわけではなくてただ、それだけの理由で少し早めに着替えて、部署へ向かっていました。


途中の棚に置いてあるパンフレットの束を整えたり、軽く掃除をしたり、皆のパソコンの電源を付けたりということを、私が考えたわけではなく、部署の決まりで先に来た人がやろうね、ということだったのですが、当然私がいつも1番だったので流れ作業のようにこなしていました。


それを見ていた隣の課の課長が、ある懇親会の時に「いつも頑張っていますねー」とおっしゃってくださり、とても驚きました。

それをきっかけに初めて色々とお話をさせてもらったのですが、本当に嬉しかったです。

私は課長の席とは遠いし、見られているとも思っていなかったし、そもそもやる気があってやっていたわけではなかったのですから。

その課長の退職と、私の退職が近く、合同で送別会を開いて頂いたときに課長から素敵なお手紙とハンカチを頂きました。

もう10年以上経ちますが、今でも大切にしています。

友達が連れてきた美人女友達と付き合えたこと ~桜BARお酒の席のお話~

お酒での出会い

ある日、私は男友達3人くらいと居酒屋で飲んでいました。

その日は、お酒のペースの早く酔いどんどんテンションが上がって行きました。

「男だけ飲むのはつまんない」となったので友達が女友達に連絡をし、連れて来てくれました。

最初はあんまり期待していなかったものの、実際に会ってみるととても綺麗な方3人が来てくれました。

その内の一人に僕は、心を奪われていました。

普段の自分なら緊張してあまり話さなくなるタイプです。

しかし、その日はお酒が運よく入っていたので、その場のテンションに任せてお気に入りの子を狙いながら楽しく飲みました。

そしたら、その子が僕に対し「〇〇君って面白くて好き」と言ってくれて、つい「じゃ、連絡先交換する?」といい交換しました。

後日、デートなどしましたが、もちろんお酒が入っているわけでなはないので「この前と印象が違うね」と言われました。

しかし「これも落ち着いてて好き」と言われました。

その後、何度かデートなどして付き合いました。

もしあの時、お酒がなかったらと思うと絶対後悔していると思います。

普段の自分なら絶対にあり得ないのことでとても運がいいと思います。

これもお酒の場ならではだと思います。