酔っ払った時ベタ褒めしてくれる上司が大好きです ~桜BARお酒の席のお話~

大好きな上司

僕は2019年の11月頃に転職をしました。

そこで入社当初から僕に会社の事を色々と教えてくれた上司がいました。

何も分からない僕に対し敵対心を剥き出したような雰囲気で毎日会社の事を教えてくれますが、単純に分からないことだらけでしたので、質問をするとすぐ怒るので質問はあまりしないようにしていました。

そして何か僕にお願いされる時も怒り口調で、あれやれこれやれで常に怒られるのが怖くなりその上司から隠れながら仕事をするようになってしまいました。

ある日会社の飲み会で一人一言皆さんの前でスピーチがありました。

その時に少しお酒を飲んで酔っ払った上司がいきなり泣き出しました。

それは僕に対してらしくその瞬間は僕もあの上司が涙?という感じで少し戸惑っていました。

その涙の訳は人から見下されたり舐められたりする自分が嫌で、嫌な自分を作ってしまう癖を治したいという事でした。

僕は上司を舐めた目で見たりもしていないし今自分が誰からも怒られる事もなく仕事を出来ているのも、上司のおかげだと思い感謝しています。

そこから僕も泣いてしまい皆さんの前でハグをしました。

そこで僕の思いも伝え、それ以降僕と上司との雰囲気も良くなりました。

会社にいるあの上司が嫌だと思う事が多々ありましたがこんな素直に部下の僕に思いを伝えてくれた事にとても嬉しく思いました。

普段あまり褒められることのない上司や部下から褒められた ~桜BARお酒の席のお話~

会社の同僚から褒められた

普段は仕事に追われ、なかなかふざけた話もできないような職場で働いています。

上司からはいつも注意や時には強い口調で怒られてばかりで、褒められたことなどありませんでした。

指示されたことは必ず行い、期限を定められた仕事も延ばし伸ばしやらずに、早めに動いて早めに提出するなど、自分なりに頑張っていたつもりでした。

ある飲み会の時に、普段厳しい上司が、そんな私の行動を具体的な話しをまじえながら、褒めてくれたのです。

しかも、周りのみんなに聞こえるようにです。

その時はうれしくて泣きそうになったくらいです。

あんなに普段厳しい上司が自分のことを見ていてくれて、褒めてくれるなんて。

一気に普段の疲れがふきとびました。

そのあと、部下と飲みに行ったのですが、部下も陰ながら私が夜遅くまで残業したり、細かい調整をしている姿を見てくれていて、褒めてくれました。

やはり知らないところで見てくれているってすごくうれしいし、活力になるなと思いました。

普段あまり話した事が無い他部署の先輩と、お酒の力のおかげで打ち解けた ~桜BARお酒の席のお話~

お酒で打ち解けた

私が居た部署は大人数でしたから、飲みの席でもない限り普段関わりの無い人とはほとんど接点がないまま過ごしていくことになりました。

仕事内容も個人でやるようなものが多かったので、本当に話さない人とは話さないままでした。

あまりお酒の場は得意じゃなかったのですが、その時はお世話になった上司の送別会も兼ねていたものだったので、思い切って部署の飲み会に参加した時に隣になったのがいつも接点が無く話した事が殆どない先輩でした。

最初は緊張しましたが、先輩からかなり話しかけて下さったこともあり、次第にお酒の力も借りて打ち解けていき最後は楽しくお話で盛り上がりました。

先輩の方もあなたと話した事あまりなかったけど面白いんだね!と言ってもらえました。

今までは何となくとっつきにくいイメージがありましたが、それはお互いさまだったようで翌日から社内でもすれ違いざまに話しかけて貰えたりして、休日には一緒に美味しいケーキ屋さんへ行ったりとお酒の席がきっかけで仲が深まりとても嬉しかったです。